TOP > 会社案内 > 沿革
 会社案内

会社案内

沿 革

1952年  石川島重工業株式会社(現IHI)と米国コーリング社との技術・資本提携により、
 石川島コーリング(株)を設立(初代社長は、故土光敏夫元経団連会長)
1953年  機械式パワーショベル1号機を完成
 バッチャプラント1号機を完成
1965年  タイ国王室灌漑局へエキスカベータを66台輸出
1968年  フィリピン公共事業省へ325TCトラッククレーンを150台輸出
1971年  油圧ショベルの専門組立工場を完成、量産体制を確立
1974年  全油圧式クローラクレーンCH型を開発
1975年  米国コーリング社との技術・資本提携を解消
1977年  社名を石川島建機(株)に変更
1978年  中国宝山製鉄所へ油圧式くい打機IPD80・90を36台輸出
1980年  世界最大級(90m3/Hr)のバッチャ船を完成
1981年  150t吊クローラクレーンCCH1500を発売
1984年  インドネシア運輸省へTH350トラッククレーンを30台輸出
 世界初の油圧駆動二軸強制練りコンクリートミキサを開発
1985年  コンクリートポンプ出荷台数累計5000台を達成
1986年  ソ連石油工業省へIPD-20T-U4を50台輸出
1988年  ミニバックホーGシリーズIS30Gが建機業界初の通産省グッドデザイン賞を受賞
 世界最小ミニバックホー「ヨーコちやん」を開発
 小型(5t)テレスコピッククレーンCCH50T(ピックエース)を発売
 重掘削用全油圧式クローラクレーンDCH6020を開発
1989年  米国コーリング社へのショベル技術援助契約を締結
 ヨーロッパでミニバックホーの現地生産を開始
 「無人搬送台車(AGV)」を完成
1990年  東京都新庁舎建設用コンクリートポンプで超高層圧送に成功
  (株)日平トヤマよりバイブロハンマーの商権を譲り受ける
1992年  独、メンク社製大型水中油圧ハンマーを東京湾横断道路建設工事に採用
 超小旋回型ミニショベルIS9UXを発売
1993年  超高圧コンクリートポンプIPG60DT-18N横浜ランドマークタワービル建設で地上高296mへの圧送に成功
 ゴムクローラキャリアIC30を発売
 オランダに現地法人ISHICOMを設立(当社100%出資)
1994年  今世紀最大の工事といわれる中国「長江三峡ダム」工事用に大型バッチャプラントを納入
1995年  ラッフィング機能を採用したジブクレーン及びタワークレーンCCH650を発売
 後方小旋回型ミニショベルJXシリーズを発売(12JX・20JX・30JX・40JX)
1996年  品質保証の国際規格「ISO9001」認証取得
 国内初の36m大型ロングブーム搭載のコンクリートポンプ車を開発
1997年  超小旋回型ミニショベル「Zシリーズ」発売
 重掘削用作業機DCH900を発売
1998年  ゴムクローラキャリアIC70、IC100発売
 掘削土、建設廃材リサイクル用「流動化処理プラント」を神戸のトンネル工事用に納入
1999年  後方超小旋回型ミニショベル30NX、35NXを発売
 米国テレックス社とクローラクレーンのOEM供給契約を締結
 ミニクローラクレーンCCH30Tを開発、英国AGD社に25台輸出
 小型定置式コンクリートポンプIPG35DT-6N型を発売
2000年  後方超小旋回型ショベル80NXを発売
2001年  SWP15搭乗式スイーパーを発売
 北京起重機器廠とホイールクレーンCCH280WE・CCH400WEの技術援助契約締結
 日本車輌製造とクローラークレーン事業を中心とする業務提携締結
2002年  ERP(統合基幹業務パッケージ)が稼動開始
 後方超小旋回型ミニショベル15NX販売開始
 イタリアにIMER社と合弁でIHIMERs.p.Aを設立
 独デマーグ社とOEM及び日本国内における総代理店契約締結
2003年  MCR-T5(一般建設住宅用クレーン)を発売
 後方超小旋回型ミニショベル「Vシリーズ」の第一弾30VX発売
 (株)ミックに国内最大級クローラークレーンCC8800(独デマーグ社製)を納入
2004年  後方超小旋回型ミニショベル65NXを発売
 CCH2500クローラークレーンを発売
 中国に中駿機械と合弁で石川島中駿(厦門)建機(IHISCE)を設立
 NIK900Tテレスコ式クローラークレーンを発売
2005年  CCH700クローラークレーンを発売
 石川島中駿(厦門)建機(IHISCE)の工場が完成し生産開始
2006年  北京京城重工機械とCCH550WEホイールクレーンの技術供与契約を締結
2008年 石川島建機株式会社から I H I 建機株式会社に社名変更
2016年  I H I 建機株式会社から株式会社KATO HICOMに社名変更



プライバシーポリシーについて サイトのご利用にあたって
All rights reserved, Copyright (C) , KATO HEAVY INDUSTRIES CONSTRUCTION MACHINERY CO.,LTD.